【ソウル聯合ニュース】韓国銀行(中央銀行)が3日発表した7月末の外貨準備高は4386億1000万ドル(約57兆3790億円)で、前月末に比べ3億3000万ドル増加した。韓国通貨ウォンが対ドルで下落したことなどが影響し4カ月連続で減少していたが、5カ月ぶりに増加に転じた。

 韓国銀行は「ドル以外の外貨建て資産のドル換算額は減少したものの、外貨資産の運用収益や金融機関の外貨預金などが増加した」と説明した。 

 外貨準備高は3月末から4カ月連続で減少していた。

 項目別では、有価証券が前月末より34億2000万ドル減り3918億5000万ドル、預金が39億8000万ドル増え232億ドル、国際通貨基金(IMF)リザーブポジションが6000万ドル減り43億7000万ドル、IMF特別引き出し権(SDR)が1億7000万ドル減り143億9000万ドルだった。金保有は47億9000万ドルで、2013年2月から変動がない。

 韓国の外貨準備高は6月末現在、世界9番目の規模。1位は中国(3兆713億ドル)、2位は日本(1兆3571億ドル)、3位はスイス(9625億ドル)だった。