【ソウル聯合ニュース】韓国のソウル市は3日、8月の1カ月間のみ日本、台湾、マカオの3カ国・地域からの観光客について無査証(ノービザ)での韓国入国が認められると発表した。文化体育観光部、法務部、外交部など関係官庁による会議で決まったという。

 同市は6月からノービザ入国の再開について関係官庁と協議を続けてきた。

 このところ外国人観光客の訪韓需要が増加しているが、日本ではビザの発給を受けるまでに3〜4週間かかるなど、ビザ問題が観光客誘致の障害になっていた。観光業界も政府にノービザ入国の拡大を要請してきた。

 一時的な措置ではあるが、ノービザ入国の実施によりソウルを訪れる外国人観光客が増加すると期待される。なかでも、ソウル市が今月10日から5日間開催する大規模な観光フェスティバル「ソウルフェスタ2022」(SEOUL FESTA 2022)の集客にも大きく貢献する見通しだ。

 ソウル市によると、19年の訪韓観光客数は日本(327万人)と台湾(126万人)がそれぞれ2位、3位だった。

 ソウル市の関係者は「8月の1カ月間限定ではあるが、ソウルを訪れる外国人観光客がグルメ、夜景、ビューティーなどソウルならではの魅力を体験できるよう最善を尽くす」と述べた。

 ただ、昨年9月に電子旅行許可制度(K―ETA)が導入され、韓国に入国するためには航空便の出発72時間前までにホームページやモバイルアプリで申請し、許可を受ける必要がある。