【ソウル聯合ニュース】韓国の中央防疫対策本部は4日、この日午前0時現在の国内の新型コロナウイルス感染者数は前日午前0時の時点から10万7894人増え、累計2016万154人になったと発表した。

 新規感染者は前日(11万9922人)より1万2028人少ないものの、3日連続で10万人を超えた。1週間前(8万8361人)と比べると約1.2倍、2週間前(7万1142人)比では約1.5倍だった。先月は前週比で約2倍増加する状況が続いたが、先週半ばからは増加ペースがやや鈍化している。

 この日の新規感染者のうち海外からの入国者は435人で、過去最多となった前日(600人)よりは少ないものの、4日連続で400人を超えた。入国者に対する規制緩和を受け6月24日から連続で100人を上回っており、夏休みシーズンで海外旅行などに出掛ける人が増えたことも影響して急増している。

 市中感染者は10万7459人だった。

 重症者数は310人と前日から26人増え、5月18日(313人)以来、78日ぶりに300人を上回った。1週間前(196人)の約1.6倍、2週間前(107人)に比べると約2.9倍に増えた。

 新たな死者は34人で、前日より8人多い。死者の累計は2万5144人。致死率は0.13%。