【ソウル聯合ニュース】韓国の尹錫悦(ユン・ソクヨル)大統領は5日、月を探査する韓国初の月軌道衛星「タヌリ」が月へ向かう軌道に入ったことを祝い、「タヌリは新資源大国・宇宙経済時代を前倒しする韓国の先発隊だ」とするメッセージをフェイスブックに投稿した。

 尹大統領は「広い宇宙で堂々と翼を広げたタヌリが伝える夢と希望、忍耐のメッセージを思いながら、今年の年末にタヌリから送られる月の表情とBTSの『Dynamite』を楽しみにしている」とつづった。

 タヌリは同日午前8時8分(日本時間)ごろ、米フロリダ州のケープカナベラル宇宙軍基地から米宇宙企業スペースXのロケット「ファルコン9」で打ち上げられ、午後に月へ向かう軌道に入ったことが確認された。

 宇宙インターネット機器に保存されたファイルの中には人気グループ、BTS(防弾少年団)のヒット曲「Dynamite」も含まれており、このファイルを再生して地球に送る実験が行われる。