【ソウル聯合ニュース】韓国の尹錫悦(ユン・ソクヨル)大統領は、11〜12日に来韓する国連のアントニオ・グテレス事務総長と会談する見通しだ。

 大統領室関係者は7日、グテレス事務総長の来韓に関する報道陣の質問に対し、「未定ではあるが、特別な事情がなければ当然、(グテレス氏の)表敬訪問を受ける」と話した。

 尹大統領は夏季休暇を終えて8日から公務を再開する。支持率急落に悩まされているからか、公務再開後は現場視察を強化する意向を示しており、これらの状況を踏まえ、グテレス氏との会談日程が決まるとみられる。

 一方、日本、モンゴル、韓国のアジア3カ国を歴訪中のグテレス氏側は、韓国政府と具体的な来韓日程を調整している。

 韓国では政府高官などと、北朝鮮の核問題や非核化などを協議すると予想される。