【ソウル聯合ニュース】韓国の朴振(パク・ジン)外交部長官は12日午後、ソウルの外交部庁舎で国連のグテレス事務総長と会談し、「韓国は自由、平和、繁栄に寄与するグローバルな中枢国になるために国連との協力、パートナーシップを強化する」と述べた。

 また、15日に開かれる光復節(日本による植民地支配からの解放記念日)の記念式典で尹大統領が北朝鮮に対する「大胆な計画」を発表すると紹介した。

 大胆な計画とは、北朝鮮が非核化を履行した場合、これに相応して段階ごとに提供可能な対北朝鮮経済協力や安全保障を盛り込んだ対北朝鮮政策のロードマップ。 

 これに対しグテレス氏は「非核化を目標とした対話を始めるためにできる、すべてのことを歓迎する」とし、国連も全面的に支持すると応じた。

 また「不拡散、完全かつ検証可能で不可逆的な朝鮮半島の非核化に対する韓国の強い信念が非常に印象深かった」と述べたほか、気候変動や国際機関における韓国の積極的な役割についても評価した。 

 グテレス氏は11日に2日間の日程で来韓した。この日朴氏との会談に先立ち、尹錫悦(ユン・ソクヨル)大統領との昼食会に出席した。