【ソウル聯合ニュース】韓国の尹錫悦(ユン・ソクヨル)大統領は15日、光復節(日本による植民地支配からの解放記念日)記念式典での演説で「韓日関係の包括的な未来像を提示した『金大中(キム・デジュン)・小渕共同宣言』を継承し、韓日関係を早期に回復、発展させていく」と述べた。

 尹大統領は「かつてわれわれが自由を取り戻し守るために政治的な支配から脱する対象だった日本は今、世界市民の自由を脅かす挑戦に共に立ち向かい、力を合わせて進むべき隣人」とした上で、「韓日関係が普遍的な価値を基盤に両国の未来と時代的な使命を目指して進んでいく時、歴史問題もきちんと解決される」との認識を示した。

 1998年に金大中大統領と小渕恵三首相(いずれも当時)が発表した、過去の植民地支配の謝罪と両国の未来志向の関係発展をうたう韓日共同宣言に言及しながら、韓日関係の早期の改善に意欲を示した。

 北朝鮮の非核化については、朝鮮半島と北東アジア、世界の持続可能な平和に欠かせないと指摘。「北が核開発を中断して実質的な非核化に転じるなら、その段階に応じて北の経済と住民の暮らしを画期的に改善できる大胆な構想を提案する」とし、その内容を具体的に説明した。