【ソウル聯合ニュース】北朝鮮の朝鮮中央通信は26日、北部の両江道で確認された発熱者は全員が「流行性感冒」と判明したと報じた。同通信は前日に、両江道で23日に悪性伝染病の感染が疑われる4人の発熱者が確認されたと伝えていた。北朝鮮はこれまで新型コロナを「悪性伝染病」と呼んできた。

 中央通信は「発熱者に対する臨床症状観察、疫学関係調査や核酸検査などを基に、専門家ははやり風邪ウイルスが発熱の原因だと判断した」と伝えた。患者の熱は下がっているという。

 保健・防疫機関は住民に対し、日中と朝晩の気温差が大きく風邪を引きやすいため健康管理に注意し、マスクを着用するよう呼び掛けたという。国家非常防疫司令部は下部組織に発熱者の把握と検診の強化を指示した。発熱者が出た地域に対する封鎖は解除された。

 北朝鮮は前日に発熱者の発生を伝えた際、悪性伝染病の感染が疑われるとしたが、新型コロナウイルスとは特定しなかった。今月10日には新型コロナの危機が完全に解消されたとして防疫戦での勝利を宣言していた。