【ソウル聯合ニュース】韓国の尹錫悦(ユン・ソクヨル)大統領が9月上旬、ソウル市内の竜山区漢南洞に設けられた公邸に入居する見通しだ。与党消息筋が31日、明らかにした。

 同消息筋によると、尹大統領は9月4日ごろ、外交部長官の公邸を改築した公邸への入居手続きを終える。当初は9月1日に新しい公邸から出勤する予定だったが、準備作業に時間がかかったという。状況次第では入居が9月中旬に遅れる可能性もある。

 公邸には国家危機状況への対応のための危機管理センターや会議室、警護処の事務室などが設けられた。

 尹大統領は5月の就任以降、ソウル市内の自宅から通勤している。自宅から竜山区の大統領室までは約10分かかるが、公邸からは5分程度という。