【水原聯合ニュース】韓国警察は31日、革新系最大野党「共に民主党」の新代表に選出された李在明(イ・ジェミョン)国会議員の妻、金恵景(キム・ヘギョン)氏を業務上背任および公職選挙法違反容疑で書類送検した。

 金氏を巡っては、李氏が京畿道知事だった当時、李氏の側近だった道の職員を通じて飲食代などを道の公務用クレジットカードで支払った疑いが持たれている。

 公務用カードによる私的な支払いは2018年7月から21年9月にかけて約150件確認され、総額2000万ウォン(約200万円)程度という。

 警察は公務用カードの使用者である職員と金氏の間に犯行に関する「黙示の共謀」があり、金氏については犯罪行為を直接実行しなくても、共謀者として実行犯(正犯)と同じ責任が問われる「共謀共同正犯」が成立するとみなして書類送検した。

 金氏は3月に行われた大統領選を巡り、李氏が党の公認候補を決める予備選への出馬を表明した後の昨年8月2日、ソウル市内の飲食店で党の関係者3人などに10万ウォン相当の食事を提供したとされ、公職選挙法違反の疑いも持たれている。

 警察は、大統領選挙の公職選挙法事件の時効が9月9日に成立することを考慮し、まず金氏と道職員の一部の容疑について書類送検した。

 今回の書類送検に李氏が含まれなかったのは、公務用カードの私的流用の過程で、李氏の関与が現時点では確認されていないためとみられる。