【ソウル聯合ニュース】韓国大統領室は1日、米ハワイで8月31日(現地時間)に開かれた金聖翰(キム・ソンハン)国家安保室長と日本の秋葉剛男国家安全保障局長との会談について、「北の核問題での協力、韓日関係改善に関する意見を交わした」とし、徴用被害者への賠償を巡る問題の解決をはじめ両国関係を改善するための方策を協議したと発表した。

 同会談は韓米日の安保担当高官による会談に合わせて開かれた。

 韓日会談に続いて開かれたサリバン米大統領補佐官(国家安全保障問題担当)との会談では、北朝鮮核問題や韓米同盟および韓米日3カ国の安保協力強化、米国のインフレ抑制法など2国間の主な懸案についての集中的な協議が行われた。

 大統領室はまた、北朝鮮の非核化措置に合わせて経済支援などを行うという尹錫悦(ユン・ソクヨル)政権の「大胆な構想」について、「北が韓国の提案を受け入れるよう米日との協力策を重点的に協議した」と説明した。