◇台風11号 9市・道で約5200人が避難

 中央災難(災害)安全対策本部は、台風11号の影響により8日午前6時の時点で9市・道の5242人が避難し、このうち613人がまだ帰宅できていないと発表した。施設被害は計1万3725件で、このうち道路・橋など公共施設の被害は1566件、私有施設の被害が1万2159件となっている。住宅の浸水被害は8370件で、ほとんどが南東部の慶尚北道に集中した。農作物の被害規模は7141ヘクタール。今回の台風による死者は11人、行方不明者は1人、負傷者は3人と集計された。

◇米副大統領 安倍氏国葬出席後29日に訪韓

 米国のホワイトハウスは7日(現地時間)、ハリス副大統領が25〜29日、韓国と日本を訪問すると発表した。ハリス氏は27日に行われる安倍晋三元首相の国葬に米政府代表として出席する。日本訪問後、29日に韓国を訪れる。尹錫悦(ユン・ソクヨル)大統領と会談する予定で、北朝鮮の核問題や「インフレ抑制法」による韓国製電気自動車(EV)差別問題などについて議論するとみられる。

◇北朝鮮が最高人民会議 金正恩氏は出席せず

 北朝鮮の朝鮮中央通信は、最高人民会議(国会に相当)第14期第7回会議が7日に平壌の万寿台議事堂で開催されたと報じた。金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長(朝鮮労働党総書記)は出席せず、崔竜海(チェ・リョンヘ)最高人民会議常任委員長が会議を進行した。会議では社会主義農村発展法と園林緑化法について討議が行われた後、両法案が全会一致で採択された。朝鮮中央通信は会議が続くと報じている。9日に建国74周年の記念式典が予定されていることから、今回の最高人民会議は7、8日の2日間開催される見通しだ。 

◇コロナ対応費用 2年半で8千億円に迫る

 韓国で新型コロナウイルス感染者が初めて発生してから今年6月末までに政府が支出した費用が7兆6000億ウォン(約7960億円)に迫ることが分かった。国民健康保険公団が公表した資料によると、2020年1月1日から22年6月30日までの2年半の間に新型コロナの治療や検査、ワクチン接種などに国が支出した費用は7兆5887億ウォンと集計された。このうち国民健康保険公団の負担額は5兆6933億ウォンで、75%を占めた。 

◇新規コロナ感染者 7万2646人

 中央防疫対策本部は、8日午前0時現在の国内の新型コロナウイルス感染者数は前日午前0時の時点から7万2646人増えたと発表した。重症者は493人となっている。