【ソウル聯合ニュース】韓国の尹錫悦(ユン・ソクヨル)大統領は8日、革新系最大野党「共に民主党」が尹大統領を公職選挙法上の虚偽事実公表の疑いで検察に告発し、金建希(キム・ゴンヒ)夫人の株価操作疑惑などを捜査する特別検察官の任命法案を国会に提出したことを巡り、「今は自分の問題などに気を配る状況ではない」とし、「特に立場はない」と述べた。野党の政治的攻勢に巻き込まれるつもりはないとの姿勢を示したものとみられる。大統領室庁舎に出勤し、記者団の質問に答えた。

 共に民主党による尹大統領の告発や金氏捜査のための特別検察官導入の動きは、同党の李在明(イ・ジェミョン)代表に対する検察の捜査に対抗する意味合いが大きい。検察は李氏が自治体首長時代の都市開発疑惑に絡み虚偽の事実を公表した疑いについて捜査している。