【ソウル聯合ニュース】韓国の権寧世(クォン・ヨンセ)統一部長官は8日、朝鮮戦争などで生き別れになった南北離散家族問題の解決に向けた会談を北朝鮮に提案する談話を発表した。

 権氏は「離散家族という言葉自体がなくなる前に問題を解決しなければならない」として、「可能な全ての方法を活用し、迅速かつ根本的な対策を立てなければならない」と強調。「過去のような少人数による1回限りの再会では不十分だ」と述べた。

 また、「南北の責任のある当局者が早いうちに会って離散家族問題を含む人道的な事案を虚心坦懐(たんかい)に議論することを期待する」として、「会談の日時や場所、議題、形式なども北側の希望を積極的に考慮する」と呼びかけた。そのうえで「北の当局がわれわれの提案に応じることを強く促したい」と述べた。

 北朝鮮の李善権(リ・ソングォン)党統一戦線部長に会談を提案する通知文を送る方針という。

 離散家族は高齢化で存命者が減っており、同問題の早期解決が求められている。韓国政府の統計によると、今年8月時点の存命者は4万3746人で、2021年の4万7577人から大きく減少した。年齢別では90歳以上が1万2856人、80代が1万6179人、70代が8229人と、高齢者が大部分を占めている。

 権氏は北朝鮮が提案に応じない場合も「提案し続けていく」との考えを示した。