【東京聯合ニュース】韓国の尹徳敏(ユン・ドクミン)駐日大使が14日、天皇に信任状を奉呈した。在日韓国大使館が伝えた。

 尹大使は皇居での信任状奉呈式で、天皇に尹錫悦(ユン・ソクヨル)大統領のあいさつを伝えるとともに、韓日関係を早期に改善し、発展させていくと抱負を述べた。

 同大使館は、尹大使が信任状奉呈式を終え、駐日本大韓民国特命全権大使としての全ての外交活動が可能になったと説明した。

 7月16日に着任した尹大使は先月2日に林芳正外相を表敬訪問し、同30日に立憲民主党の泉健太代表と会談した。

 今月9日には北朝鮮による日本人拉致被害者の家族と面会し、「拉致問題は人道的な次元の問題で、韓国でも多くの拉致被害者がいるため、問題解決に向け日本と協力していくことを望む」と述べた。