【ソウル聯合ニュース】中国共産党序列3位の栗戦書・全国人民代表大会(全人代)常務委員長(国会議長)が15日午後、来韓した。

 栗氏は3日間の日程で訪問した。金振杓(キム・ジンピョ)韓国国会議長の招きによるもので、2月に朴炳錫(パク・ビョンソク)国会議長(当時)が訪中したことに対する答礼の意味合いがある。

 16日に尹錫悦(ユン・ソクヨル)大統領を表敬訪問する予定だ。

 同日に金氏とも会談し、国交正常化30周年を迎えた両国の協力策を議論する。会談終了後、両氏は共同記者発表を行い、夕食会も開く。

 中国の全人代常務委員長の来韓は2015年以来、7年ぶりで、韓中首脳会談開催への弾みになるか注目される。

 国会によると、栗氏の来韓には閣僚級や次官級を含む計66人が同行した。栗氏はソウル南方の京畿道・城南のソウル空港(軍用空港)に到着後、「国交正常化30周年を迎え、両国がさらに良い関係に発展することを望む」と述べた。