【ソウル聯合ニュース】日朝平壌宣言から20年を迎えるのを前に北朝鮮外務省は16日、宋日昊(ソン・イルホ)朝日(日朝)国交正常化交渉担当大使の談話を発表し、日本政府に「宣言を白紙にした責任を取れ」と迫った。

 談話は「日本は平壌宣言を拉致、核、ミサイル問題を解決するためのものに歪曲(わいきょく)し、不純な政治的目的の実現に悪用した」と非難。「わが国(北朝鮮)の莫大(ばくだい)な人的、物的、精神的な財産を略奪し、朝鮮民族に前代未聞の不幸と苦痛を負わせながら、反省どころか罪悪感も持たず、むしろ被害者を装おうとしている」と主張した。 

 さらに「日本政府は朝日平壌宣言に対する背信的行為の責任から決して逃れることはできない」とし、日本での反北朝鮮、反在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)策動の全てを清算すると警告した。

 日朝平壌宣言は2002年9月17日に北朝鮮・平壌で、北朝鮮の金正日(キム・ジョンイル)総書記と日本から訪朝した小泉純一郎首相が調印した宣言文。金正日氏は日本人拉致を認めて再発防止を約束し、拉致被害者の一部が帰国した。だがその後、拉致問題は完全解決に至っておらず、国交正常化交渉も進展していない。