【ソウル聯合ニュース】韓国大統領室の関係者は16日の記者会見で、旧大統領府「青瓦台」の迎賓館に相当する付属施設の建設のため878億ウォン(約90億円)程度の予算を組んだことに関し、「竜山時代にふさわしい迎賓館が必要だということに対しては、多くの国民が共感するはずだ」と述べた。

 尹錫悦(ユン・ソクヨル)大統領は青瓦台を「帝王的な権力の象徴」と見なし、就任と同時に大統領執務室をソウル・竜山に移転。青瓦台を一般に開放した。

 同関係者は、移転後は外国の要人らを招いた行事を国防コンベンションセンターや戦争記念館、国立中央博物館、ホテルなどで開いていたが、警護費用がかさみ市民にも不便をかけていると指摘した。

 青瓦台の迎賓館を活用する用意もあると過去に表明したことに関しては、一般開放した青瓦台への立ち入りを行事のたびに一部規制せざるを得なくなるとの理由を挙げて否定的な姿勢を示した。