【ソウル聯合ニュース】韓国の尹錫悦(ユン・ソクヨル)大統領は16日、大統領室で米メリーランド州のホーガン知事(共和党)と面会した。同知事は夫人が韓国系であるため「韓国の婿」と呼ばれている。

 韓国大統領室によると、尹大統領は米国の「インフレ抑制法」により韓国製電気自動車(EV)が差別を受けることへの懸念を伝えるとともに、韓国企業が不利益を受けないための支援を求めた。

 ホーガン氏は「インフレ抑制法」の施行令の立案過程で韓国企業に被害が及ばないよう最善を尽くすと表明したという。

 一方、尹大統領はメリーランド州がソウルに開設する貿易事務所に対するサポートを約束した。 

 同席した知事夫人のユミ・ホーガン氏は「韓国の娘として韓国とメリーランド州の友好・協力促進に努力する」と述べた。