【ソウル聯合ニュース】韓国航空宇宙産業(KAI)は16日、ポーランドで同国の国防省と韓国製戦闘機「FA50」48機の輸出に関する本契約を締結した。韓国国防部などが発表した。契約金額は30億ドル(約4295億円)規模という。

 契約式にはドゥダ大統領やブワシュチャク国防相が出席するなど、防衛力強化に向けたポーランド政府の強い意思が示された。

 韓国側からはKAIの姜求永(カン・グヨン)社長や防衛事業庁の厳東煥(オム・ドンファン)庁長が参加した。

 KAIなどによると、戦闘機1機の輸出は中型車1000台の輸出に匹敵する経済効果があるという。KAIは今回の輸出で約10兆ウォン(約1兆円)の波及効果があると推算した。関連産業における雇用創出も相当なものと予想される。

 ポーランド政府は7月27日(現地時間)に韓国とFA50(48機)、戦車K2(980台)、自走砲K9(648門)を導入する基本契約を結んだと発表した。

 K2とK9については第1段階の輸出分の本契約が先月締結され、残りについての本契約を控えている。FA50については今回、48機すべてについての本契約が締結された。