【ソウル聯合ニュース】韓国の尹錫悦(ユン・ソクヨル)大統領は18日に公開された米紙ニューヨーク・タイムズとのインタビューで、文在寅(ムン・ジェイン)前政権時代に行われた南北首脳会談について、「政治的なショーだった」として、文政権の外交政策を全面的に見直す考えを明らかにした。

 尹大統領は北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長(朝鮮労働党総書記)と南北関係の改善に取り組んだ文前大統領について、「教室で一人の友達(北朝鮮)だけにとらわれた生徒のようだった」とも批判した。

 また、文政権は米国と中国の間であいまいな態度を見せたと指摘し、「私は予測可能性を追求する。韓国は米中との関係でより明確な立場を取る」との方針を示した。

 北朝鮮との関係に関連しては、「北の挑発を抑止するため、米国の核の傘を含むあらゆる手段を米国と講じる準備ができている」と明言。金正恩氏には「非核化を選べば明るい経済的な未来が待っていることを分かってほしい」とし、非核化に乗り出す場合は非核化が完了する前でも経済的な支援を実施できると提案した。

 関係改善の必要性を繰り返し強調してきた日本との間に歴史問題が横たわることについては、「グランド・バーゲン(一括的な妥結)」を望んでいるとの考えを示した。