【ソウル聯合ニュース】韓国の国家基幹ニュース通信社、聯合ニュースの報道専門放送局「聯合ニュースTV」は21日、「『3高』の複合危機、韓国経済の突破口は」と題した経済フォーラムを23日にソウル市内のホテルで開催すると発表した。物価高・高金利・ウォン安ドル高の「3高」がもたらす危機を巡り、専門家が議論する。

 フォーラムでは秋慶鎬(チュ・ギョンホ)経済副首相兼企画財政部長官が基調演説を行い、最近の経済状況や政策の方向性を説明する。

 高麗大の李鍾和(イ・ジョンファ)教授(経済学)は「韓国経済の複合危機と対応策」をテーマに講演し、成長、物価安定、平等な分配という三つの経済目標を達成するための対策を提示する。

 ソウル大の金世稙(キム・セジク)教授(経済学)は「韓国経済の第一課題と危機突破の解決策」について論じる。韓国経済の危機の原因として時代錯誤的な模倣型資本主義体制を挙げ、経済回復に向けた根本的な方策として創造型資本主義体制を紹介する。

 また、延世大の韓淳九(ハン・スング)教授(経済学)を座長に、産業通商資源部の崔祐碩(チェ・ウソク)産業政策官、大韓商工会議所のカン・ソック調査本部長、東国大の姜三模(カン・サムモ)教授(経済学)らが「3高」による複合危機の克服策を巡り討論する。

 聯合ニュースTVの経済フォーラムは政府と学界、業界などの専門家がさまざまな経済懸案の解決を模索する討論の場で、開催は今年で10回目。フォーラムの模様は動画投稿サイト「ユーチューブ」の聯合ニュースTVチャンネルでライブ配信される。