【東京聯合ニュース】ハリス米大統領が29日の韓国訪問に合わせ、南北軍事境界線を挟む非武装地帯(DMZ)を視察する予定だ。安倍晋三元首相の国葬に参列するため訪日した韓国の韓悳洙(ハン・ドクス)首相は27日に東京都内でハリス氏と会談し、「DMZ訪問は非常に象徴的」と評価した。

 韓氏は会談で、「多くの課題を今すぐ完全に解決することはできないが、(両国の協力を)続けていくことを望む」と表明。ハリス氏は「米国と韓国の同盟はインド太平洋地域の安全保障と繁栄の求心点」と強調した。

 また、韓氏は米国の「インフレ抑制法」に対する懸念を伝え、米政府の関心と必要な支援を要請した。同法には北米で組み立てられた電気自動車(EV)を税額控除の対象とすることが盛り込まれており、米国にEVを輸出する韓国メーカーは不利になる。