【ソウル聯合ニュース】韓国産業通商資源部は27日、イスラエルとの間の自由貿易協定(FTA)批准同意案が同日の国会本会議で可決されたと発表した。同時に韓国とカンボジア間のFTA批准案も可決された。

 イスラエル、カンボジアとのFTAはそれぞれ2016年5月、20年7月に交渉が開始され、19年8月、21年2月に最終妥結。今年1月と2月に批准同意案が国会に提出された。

 韓国政府は国内での手続きが全て完了したことを受け、年内の発効を目指してイスラエル、カンボジアと協議する予定だ。

 産業通商資源部は発効前に国内の法令・制度を整備し、国民向けの広報説明会も開催する計画だ。