◇韓米両軍 北への対抗措置で地対地ミサイル4発

 韓米両軍は5日午前1時ごろ、北朝鮮の前日の中距離弾道ミサイル(IRBM)発射に対応し、朝鮮半島東の東海に向け合同で地対地ミサイル射撃を行った。韓国軍合同参謀本部が発表した。韓国軍と在韓米軍が地対地弾道ミサイル「ATACMS」をそれぞれ2発、計4発を発射し、東海上の仮想標的を精密打撃した。北朝鮮のさらなる挑発を抑止するため、連合戦力の対応能力を示したと合同参謀本部は説明した。

◇韓米が戦闘機飛行・爆撃訓練実施 北ミサイル発射に対抗

 韓米両軍は4日、北朝鮮の中距離弾道ミサイル(IRBM)発射に対応し、連合攻撃編隊群の飛行と精密爆撃訓練を実施した。韓国軍合同参謀本部が明らかにした。この日飛行したのは韓国空軍の戦闘機F15Kが4機、米空軍の戦闘機F16が4機。F15Kは全羅北道・群山沖の直島射撃場に設定した標的に向けて精密誘導爆弾(JDAM)2発を発射する精密爆撃訓練を行った。同訓練は北朝鮮のIRBM発射から約10時間後に実施された。

◇金東吉・延世大名誉教授が死去 保守派の重鎮

 保守論壇の重鎮として知られる金東吉(キム・ドンギル)延世大名誉教授が4日、死去した。94歳だった。1928年、現在の北朝鮮西部・平安南道孟山郡生まれの金氏は、延世大史学科の教授を務めながら社会運動や政治にも深く関与した。晩年は保守論客として活動し、今年初めには中道系野党「国民の党」(当時)から大統領選に出馬した安哲秀(アン・チョルス)氏の後援会長を務めた。

◇釜山国際映画祭きょう開幕 3年ぶり通常開催

 第27回釜山国際映画祭(BIFF)が5日、韓国南部の釜山で開幕する。開会式は同日午後6時から、釜山・海雲台の映画祭専用館「映画の殿堂」の野外劇場で俳優のリュ・ジュンヨル、女優のチョン・ヨビンの司会で開催される。新型コロナウイルスの影響で開催が見送られていた「監督との対話」などの対面イベントは3年ぶりに通常通り行われ、防疫指針を順守しながら座席間隔を空けることなく作品が上映される。

◇新規コロナ感染者 3万4739人

 中央防疫対策本部は、5日午前0時現在の国内の新型コロナウイルス感染者数は前日午前0時の時点から3万4739人増えたと発表した。新規感染者数は前日より1万8000人ほど多い。重症者は333人で、58日ぶりの低水準となった。