【ソウル聯合ニュース】韓国の中央防疫対策本部は5日、この日午前0時現在の国内の新型コロナウイルス感染者数は前日午前0時の時点から3万4739人増え、累計2488万2894人になったと発表した。新規感染者数は前日(1万6423人)の約2.1倍に増えた。3連休明けの4日に検査件数が増えた影響とみられる。

 それでも新規感染者数は減少傾向を維持しているといえる。1週間前の先月28日(3万6139人)と比べると1400人、2週間前の同21日(4万1265人)と比べると6526人、それぞれ少ない。水曜日発表の新規感染者数としては、7月6日(1万9352人)以来13週ぶりの低水準だった。

 この日の新規感染者のうち海外からの入国者は69人で、前日より37人少なかった。100人を下回るのは6月23日以来。入国後のPCR検査義務が今月1日に解除され、検査件数自体が減っている。

 市中感染者は3万4670人だった。

 同日発表された重症者数は前日から20人減の333人で、8月8日(324人)以来、58日ぶりの低水準となった。8日連続で400人を下回った。

 新たな死者は前日より3人少ない16人だった。死者の累計は2万8544人、致死率は0.11%。