【ソウル聯合ニュース】韓国銀行(中央銀行)が6日発表した9月末の外貨準備高は4167億7000万ドル(約60兆2300億円)で、前月末から196億6000万ドル減少した。韓国通貨ウォンが対ドルで下落し、当局が為替介入に踏み切ったことが影響した。

 196億6000万ドルの減少は、リーマン・ショックが発生した際に記録した2008年10月の274億ドル減に次ぐ規模。ただ韓国銀行は、韓国の外貨準備高が世界8位規模で十分な水準を保っており、通貨危機を心配する必要はないと説明した。

 外貨準備高は3月から4カ月連続で減少した後、7月には増加に転じたものの、8月から2カ月連続で減少した。

 韓国銀行は外貨準備高が減少した理由について、為替介入の実施やドル高によるその他の外貨建て資産の米ドル換算額の減少などを挙げた。

 項目別では、有価証券が前月末に比べ155億3000万ドル減の3794億1000万ドル、預金が37億1000万ドル減の141億9000万ドル、国際通貨基金(IMF)特別引き出し権(SDR)が3億1000万ドル減の141億5000万ドル、IMFリザーブポジションが1億ドル減の42億3000万ドル。金保有は47億9000万ドルで、2013年2月から変動がない。

 韓国の外貨準備高は8月末現在、世界8番目の規模。1位は中国(3兆549億ドル)、2位は日本(1兆2921億ドル)、3位はスイス(9491億ドル)だった。

 韓国銀行は外貨準備高を発表する際、通常記者会見などを行わないが、今月については担当者が記者団の質問に答えた。