【ソウル聯合ニュース】北朝鮮が2日、海上の軍事境界線にあたる北方限界線(NLL)を越えた韓国側の公海上に短距離弾道ミサイルを発射したことを受け、外交部で北朝鮮問題を担当する金健(キム・ゴン)朝鮮半島平和交渉本部長は同日、米国務省のソン・キム北朝鮮担当特別代表、日本外務省の船越健裕アジア大洋州局長とそれぞれ電話協議した。

 外交部によると、金氏は電話協議で、北朝鮮が国連安全保障理事会の決議や南北軍事合意に違反して挑発行為を行っていることを強く糾弾すると表明した。

 また、北朝鮮の弾道ミサイルのうち1発が東海上のNLLを越え、韓国領海付近に落下したことについて3氏は「類のない軍事的挑発」であり、決して容認できないとの認識で一致した。

 3氏は北朝鮮に対し挑発行為を中止して対話に復帰することを求めながら、国際社会による断固たる対応に向け2国間、3カ国間の連携強化を続けることで一致した。