【ソウル聯合ニュース】韓国の朴振(パク・ジン)外交部長官は3日、日本・自民党の麻生太郎副総裁とソウル市内のホテルで朝食会を行い、両国関係などについて意見交換した。

 朴氏は朝食会前、記者団に「韓日関係の合理的な解決策を見つけるため良い意見を聴取し、それに基づいて問題を解決していきたい」と述べた。

 麻生氏は政財界関係者でつくる日韓協力委員会の会長として韓日協力委員会の招待を受け、韓国を訪問した。

 麻生氏は自民党内での影響力が大きく、両国関係の最大の懸案となっている日本による植民地時代の韓国人徴用被害者問題を巡り意味のある意見交換が行われる可能性もある。

 麻生氏は2日には尹錫悦(ユン・ソクヨル)大統領と面会した。面会で尹大統領は民間交流の活性化を強調した。