【ソウル聯合ニュース】韓国の権寧世(クォン・ヨンセ)統一部長官は7日の国会外交統一委員会で、北朝鮮の7回目の核実験について、「いつでも可能な状況だが、差し迫ったときに見られる具体的な兆候はない」と答弁した。

 権氏は「中国の党大会が終わり、米国の中間選挙が行われる前に挑発(核実験)を行うのではないかという話があるが、まだ具体的な兆候はない」として、「北が5年前に『核武力の完成』を宣言した日(11月29日)の前後に核実験を実施するのではないかなど、さまざまな見解がある」と述べた。

 そのうえで、「(核実験を)行う場合は徹底的な対応措置を取るよう準備する」として、「北と直接的な対話が行われていないため対話を通じてではないが、別の方法でも核実験を行わないよう圧力をかけ説得する努力を続ける」と強調した。

 同委員会に出席した朴振(パク・ジン)外交部長官も「北の動向を鋭意注視している」として、「北の挑発が行われれば断固として対応する準備を整えている」と強調した。