【ソウル聯合ニュース】韓国の秋慶鎬(チュ・ギョンホ)経済副首相兼企画財政部長官は10日の国会予算決算特別委員会で、最近の急激な為替変動への対応を問われ「為替は常に市場によって決まる」としながら、「無理に防御をしてはいない」と答えた。ただ、「急激な傾きがあるか、甚だしい需給不安が一時発生する時は対応する」と述べた。

 秋氏は、韓国の外貨準備高は現在4168億ドル(約60兆9360億円)と国内総生産(GDP)の25%程度で、国際通貨基金(IMF)もこれを外部衝撃への対応に十分との見解を示していると強調した。いつでも必要な場合に用いることができるよう運用していると述べた。