【ソウル聯合ニュース】韓国の尹錫悦(ユン・ソクヨル)大統領が11〜16日に東南アジアを歴訪するのに合わせ、韓米日首脳会談と韓米首脳会談が開催される。大統領室の関係者が10日の記者会見で明らかにした。

 韓米首脳会談の日程や場所は公開しなかった。

 尹大統領は同日午前、記者団に「韓米日首脳会談は確定し、いくつかの2カ国会談も確定したか、(調整を)進めている」と述べていた。

 大統領室関係者は韓米日首脳会談の議題について、「現在最も早急に共同で対応しなければならない北の核問題、北の挑発問題ではないかと思う」と述べた。

 韓日首脳会談や韓中首脳会談は「まだ具体的に確定していない」とし、「日程を調整するため協議する時間が必要だ」と説明した。

 中国の習近平国家主席との対面の有無については、「どのような接触があるか予断が難しい」とした上で、「相互主義的観点から多様な対話が続いている」とした。

 尹大統領は東南アジア諸国連合(ASEAN)関連首脳会議と20カ国・地域首脳会議(G20サミット)に出席するため、11日から16日までカンボジアとインドネシアを訪問する。