【ソウル聯合ニュース】韓国大統領室が11日からの尹錫悦(ユン・ソクヨル)大統領の東南アジア歴訪で、偏向報道が繰り返されているとしてMBCテレビ記者の大統領専用機搭乗を拒否したことについて、大統領室を担当する中央記者室のプール(代表取材)記者団は10日、「強い遺憾」を表明するとともに撤回を求める声明を出した。

 声明は「一方的な措置で記者団全体に大きな混乱を招いた」として、「理由を問わず特定のメディアの取材の機会を奪うことは他のメディアに対する同様の措置につながりかねない」と指摘。「記者団の大統領専用機同乗は国民の知る権利のためであり、関連費用も各メディアが全額負担している」とし、大統領室がメディアに対して便宜を図っているかのように認識していることには同意できないと強調した。

 大統領室は9日に記者団に対し、「外交関連で歪曲(わいきょく)した、偏った報道が繰り返された点を考慮し、取材の便宜を提供しないことにした」として、MBC記者の大統領専用機搭乗を認めないと通知した。

 同措置に反発し、ハンギョレ新聞と京郷新聞は大統領専用機への搭乗を拒否し民間の航空機を利用する方針を明らかにした。

 尹大統領は10日午前、今回の問題について「大統領が税金を使って海外を訪問するのは重要な国益がかかっているため」として、「取材の便宜を提供したもので、(MBCの大統領専用機への搭乗を認めないのは)そのような次元から受け入れてもらいたい」と述べた。

 MBCなどは尹大統領が9月に米ニューヨークを訪問した際、「国会でこの野郎どもが承認してあげなければ、バイデンは赤っ恥だ」」と発言したと報じたが、大統領室は「バイデン」ではなく発音が似た別の言葉を話しただけで、「国会」は米議会ではなく韓国議会を指した言及だと釈明していた。