【プノンペン聯合ニュース】韓国の尹錫悦(ユン・ソクヨル)大統領は11日、東南アジア諸国連合(ASEAN)関連首脳会議が開かれているカンボジア・プノンペンでタイのプラユット首相と首脳会談を行った。

 尹大統領は会談で「両国は歴史的経験と民主主義、市場経済という共通の価値に基づき、伝統的な友好国として多様な分野で関係を発展させてきた」として、来年に国交樹立65周年を迎える両国関係のさらなる発展を期待すると述べた。

 来週タイ・バンコクで開かれるアジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議の成功を願うとして、自身に代わって韓悳洙(ハン・ドクス)首相が出席することに理解を求めた。

 また、ソウル・梨泰院の雑踏事故に対しタイ国王や首相からお見舞いを受けたことに謝意を表し、タイ人犠牲者の遺族に哀悼の意を示した。

 プラユット首相は事故へのお見舞いの言葉を述べ、韓国政府のタイ人犠牲者への支援に感謝を伝えた。