【ソウル聯合ニュース】韓国の中央防疫対策本部は22日、動物由来のウイルス感染症「サル痘」について、国内で4人目の感染者が確認されたと発表した。

 中央防疫対策本部によると、4人目の感染者は3人目の感染者が検査のために入院していた隔離病床のスタッフで、感染者から検体を採取する際に使用した注射針に触れたため、経過観察中だった。

 針に触れた後にワクチンの接種を受けたが、22日午前の検査で感染が確認された。