◇韓国鉄道公社の労使交渉が妥結 ストライキ回避

 韓国高速鉄道のKTXなどを運行する韓国鉄道公社(コレール)と全国鉄道労働組合は2日早朝、今年の労働協約締結に向けた団体交渉で暫定合意した。労組は同日午前9時からの決行を予告していたストライキを撤回した。全ての列車が通常通り運行される。交渉妥結の背景には、労組がストを決行する場合、首都圏の列車運行本数の削減に伴う車内の混雑が避けられず、ソウル・梨泰院の雑踏事故のショックが強く残る中で世論の悪化を招きかねないとの懸念があったとみられる。

◇北朝鮮軍による射殺事件 きょう前政権高官の逮捕状審査

 文在寅(ムン・ジェイン)前政権期に黄海上で起きた北朝鮮軍による韓国人男性公務員の射殺事件を巡り、当時の安全保障の責任者だった徐薫(ソ・フン)前国家安保室長に対する逮捕状発付の是非を判断する令状審査が2日午前、ソウル中央地裁で開かれる。徐氏は男性が殺害された日の翌日に開かれた関係閣僚会議で、男性が北朝鮮軍に射殺されたことを隠蔽(いんぺい)すると決め、これと食い違う機密情報を削除するよう関係官庁に指示したとして、職権乱用権利行使妨害の疑いが持たれている。

◇正恩氏 江沢民氏死去受け習近平氏に弔電

 北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長(朝鮮労働党総書記)は中国の江沢民元国家主席の死去を受け、習近平国家主席に弔電を送った。朝鮮中央通信が2日、報じた。金正恩氏は先月30日に送った弔電で哀悼の意を表し、「江沢民同志は中国共産党と中華人民共和国の強化・発展や中国人民の幸福のために献身的に努力し、重要思想『三つの代表』を提示して中国の特色ある社会主義建設の偉業に大きく寄与した」と評価した。

◇新規コロナ感染者5万2987人 前週比で約700人減

 中央防疫対策本部は2日、この日午前0時現在の国内の新型コロナウイルス感染者数は前日午前0時の時点から5万2987人増えたと発表した。新規感染者数は1週間前の先月25日に比べ約700人少ない。