【ソウル聯合ニュース】北朝鮮外務省の報道官は2日、朝鮮中央通信を通じて発表した談話で「米国のいかなる軍事的な企てにも『核には核で、正面対決には正面対決で』の原則にのっとり、超強力に対応する」と述べた。先月31日の韓米国防相会談でオースティン米国防長官が米戦略資産を朝鮮半島に積極的に展開すると発言したことを取り上げ、戦略資産が展開される場合には「その性格に応じてけん制活動を一層明確にする」と強調した。

 報道官談話は、北朝鮮には米国側のシナリオに対処できる戦略があるとして「圧倒的な核の力で現在と未来の潜在的な挑戦を強力に統制、管理していく」と言明した。

 また、米国が人権、制裁、軍事など各方面で北朝鮮への圧力を強めていると指摘した。今月実施される韓米抑止戦略委員会(DSC)の図上演習(TTX)と、韓米が規模と範囲を拡大している合同野外機動訓練を指して「全面対決の導火線に火を付けるもの」とした。 

 米国の動きに一つ一つ反応しないからといって見過ごしているわけではないと警告。さらに「米国が敵視政策と対決路線を究める限り、米国とのいかなる接触、対話にも興味がない」と対話の可能性を断った。朝鮮半島情勢の悪化は米国の敵視政策が招いたとも主張した。

 韓米の空軍は前日、双方の戦闘機、米国の戦略爆撃機による今年最初の合同訓練を開始した。1月31日には韓国の李鐘燮(イ・ジョンソプ)国防部長官とオースティン米国防長官がソウルで会談し、拡大抑止の実効性強化を話し合っている。

 北朝鮮が談話で「正面対決」に繰り返し言及したことから、韓米合同訓練に対抗して再び挑発に踏み切ると予想される。

 現在、北朝鮮・平壌付近の閲兵式(軍事パレード)訓練場には数万人の兵力が集結しており、兵器を動員する動きも捉えられている。韓国政府は、北朝鮮が今月8日の朝鮮人民軍創建75年を記念して軍事パレードを開催し、武力誇示する可能性があるとみて、北朝鮮の動向を注視している。