【世宗聯合ニュース】韓国企画財政部は17日公表した経済動向報告書(グリーンブック)3月号で、最近の韓国経済について「物価上昇の勢いがやや鈍るなか、内需の回復ペースが緩やかになり、輸出の不振や製造業の企業心理の萎縮など景気鈍化(減速)の流れが続いている」と分析した。先月のグリーンブックで景気が減速していると指摘し、今月も同様の判断を示した。

 韓国経済を支える輸出は2月に前年同月比7.5%減と、5か月連続の減少となった。主力品目の半導体輸出が43%の大幅減だった。輸入は3.5%増加し、輸出額から輸入額を差し引いた貿易収支は52億7000万ドル(約7020億円)の赤字だった。

 政府は、2月の貿易赤字が前月の1月(125億ドル)より縮小したことから、2月の経常収支は改善した可能性があるとみている。1月の経常収支は45億ドルの赤字で、赤字額は過去最大だった。

 輸出の不振に加え内需の回復ペースも鈍っている。1月の小売販売は前月比2.1%減と3か月連続で減少し、サービス業生産は0.1%増にとどまった。

 ただ、2月の韓国製乗用車の国内販売は前年同月比18.1%増え、百貨店の売上高も5.2%増加した。政府はこれらが小売販売にプラスに作用すると見込んでいる。

 2月のクレジットカード利用額も前年同月比8.1%増加した。訪韓中国人客は約3.2倍に急増した。

 政府は「物価や国民生活の安定の基盤を固め、内外のリスクの管理に万全を期す」との方針を示した。