【ソウル聯合ニュース】日本を訪問している韓国の権寧世(クォン・ヨンセ)統一部長官は24日、自民党の茂木敏充幹事長、萩生田光一政調会長、日韓議員連盟の額賀福志郎会長らと面会した。権氏は南北統一や対北朝鮮政策などを巡って統一部と日本政府との定例協議の重要性を強調し、国会レベルの協力を要請した。

 統一部によると日本側は、北朝鮮の挑発が続く中、韓日の情報共有をはじめ、共通の懸案である北朝鮮による拉致問題などの人権問題で連携を強化し、積極的に協力する意向を示した。また、日本の政界関係者が徴用賠償問題などでの尹錫悦(ユン・ソクヨル)大統領の決断を高く評価し、未来志向の韓日関係構築へ多角的なチャンネルを通じて共に努力するとの立場を示したと説明した。