【ソウル聯合ニュース】韓国電池大手のLGエネルギーソリューションは24日、米アリゾナ州に7兆2000億ウォン(約7160億円)を投じて、円筒形電池と電力貯蔵システム(ESS)向けのLFP(リン酸鉄リチウムイオン)電池の新工場を建設すると発表した。

 新工場建設はインフレが進んだことによるコスト増などが影響して保留されていたが、米国のインフレ抑制法成立により電池需要が高まったことを受け、この日の取締役会で投資額や規模を拡大して計画を再推進することが決まったという。

 円筒形電池工場には4兆2000億ウォン、同じ敷地内に建設されるLFP電池工場には3兆ウォンが投じられる。総生産能力は43ギガワット時で、北米地域での独自生産工場としては最大規模という。

 また、世界の電池メーカーの中でESS向け専用の電池工場を建設するのは同社が初めてという。

 両工場ともに今年着工し、円筒形電池工場は2025年、ESS向けのLFP電池工場は26年の量産開始を目標とする。