【広島聯合ニュース】先進7カ国首脳会議(G7サミット)に出席するため日本の広島市を訪問している韓国の尹錫悦(ユン・ソクヨル)大統領が21日に岸田文雄首相と共に平和記念公園内の「韓国人原爆犠牲者慰霊碑」を参拝したことについて、大統領室関係者は記者団に「これまで両国が過去の歴史問題を解決するため言葉を中心に行ってきたとすれば、今回は実践した」として、「両首脳が行動したという点で非常に大きな意味がある」と評価した。

 同関係者は「歴史は長い間蓄積されたもので、そこに蓄積された問題があればその問題を解決するにも相当な時間がかかる」と指摘。「尹政権が発足し、岸田政権と共に努力して未来志向に、実践的に、そしてもう少しスピードを出して問題を解決しようとする意志を両国政府が持っている」とし、「今後の見通しを非常に楽観的に見ようと努力している」と述べた。

 そのうえで、「まだ国内に反日感情を利用して政治的利益を得ようとする勢力があり、日本にも嫌韓感情を利用して政治的利益を得ようとする勢力があると思う」とし、「だが、大多数の韓国と日本の国民は未来志向の韓日関係がより重要だということに合意している」と強調した。

 一方、現場で両首脳の慰霊碑参拝を見守った韓国人原爆被害者のうち、徴用被害者がいたかどうかについては、「政府の公式確認ではないが、いなかったと聞いている」と述べた。