【ソウル聯合ニュース】韓国軍合同参謀本部の関係者は8日、北朝鮮が新たに建造した初の「戦術核攻撃潜水艦」を進水したと発表したことについて、「正常に運用できる姿ではないと判断している」と記者団に述べた。

 同艦について「ミサイルを搭載するため艦橋(ブリッジ)など一部の外形と大きさを大きくしたようだ」と指摘する一方、正常な運用は不可能な状態だとの見方を示した。また「欺いたり誇張したりしようとする兆候もある」と伝えた。続けて「軍は(韓米の)連合監視資産を用いて北の潜水艦の進水活動を追跡してきた」とし、「韓米で緊密に連携して今回公開された潜水艦の活動を注視するとともに、いかなる挑発にも圧倒的な対応を取れる能力を基に揺るぎない備えを維持していく」と述べた。

 北朝鮮の朝鮮中央通信は同日、水中から核攻撃が可能な初の「戦術核攻撃潜水艦」の進水式が6日に行われ、金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長(朝鮮労働党総書記)が出席したと報じた。