【世宗聯合ニュース】韓国政府系シンクタンクの韓国開発研究院(KDI)は9日に発表した経済見通しで、韓国の2024年の実質国内総生産(GDP)成長率を2.2%と予想した。8月時点の2.3%の予測から0.1ポイント下方修正した。

 KDIは来年の韓国経済に関し、高金利の影響で民間消費や設備投資など内需の増勢が鈍化する一方、半導体の輸出を追い風に緩やかな回復傾向を示すと見込んだ。

 2.2%の予測は、国際通貨基金(IMF)、韓国銀行(中央銀行)の各見通しと同じ。韓国政府の予測(2.4%)を下回るが、経済協力開発機構(OECD)の予測(2.1%)よりは高い。

 23年の成長率は、8月時点の見通し(1.5%)から0.1ポイント引き下げて1.4%とした。政府と韓国銀行、IMFの予測と並ぶ。

 KDIは「来年の2.2%の成長率は高いとは言い難い」とした。今年の低成長の反動が大きい。また「韓国経済は非常に緩やかなペースで回復するだろう」と述べた。

 消費者物価について、KDIは24年の上昇率を2.6%と予測した。8月時点の見通しから0.1ポイント引き上げた。前提となる原油価格の予想が上方修正されたためだという。それでも今年に比べるといくらか安定を取り戻すと見込んだ。

 23年の消費者物価上昇率も従来の予測より0.1ポイント高い3.6%に上方修正した。

 KDIは、物価を安定させるためにマクロ経済政策を当面は引き締め基調で維持すべきだと提言した。ただ、韓国の物価上昇率は主要国より低く抑えられており、現在の金利水準を大幅に変動させる必要性は大きくないとの見解を示した。