【ソウル聯合ニュース】世論調査会社の韓国ギャラップは10日、全国の18歳以上の1001人を対象に7〜9日実施した調査で、尹錫悦(ユン・ソクヨル)大統領の支持率は36%で前回調査(10月31日〜11月2日)から2ポイント上昇したと発表した。不支持率は前回調査より3ポイント低い55%だった。

 支持する理由は「外交」(32%)が最も多く、「経済・国民生活」(8%)、「全般的によくやっている」「国防・安全保障」(それぞれ5%)、「庶民政策・福祉」「頑張っている・最善を尽くしている」(それぞれ4%)などとなった。

 支持しない理由は「経済・国民生活・物価」(24%)に次いで、「独断的・一方的」(9%)、「外交」(7%)、「全般的によくできていない」「コミュニケーション不足」(それぞれ6%)、「経験・資質不足、無能」(4%)などが挙がった。

 政党支持率は保守系与党「国民の力」が前回調査から3ポイント上がり37%、革新系最大野党「共に民主党」も1ポイント上昇の34%だった。支持政党がない無党派は25%だった。

 国民の力が推進する「京畿道金浦市のソウル市編入」案を尋ねたところ、24%が好意的な見方を、55%は否定的な見方を示した。この調査結果に関し韓国ギャラップは、金浦市の人口が韓国の総人口の1%程度である点に言及した。

 将来の政治リーダーにふさわしい人物としては、共に民主党の李在明(イ・ジェミョン)代表を挙げた回答者が21%だった。韓東勲(ハン・ドンフン)法務部長官が13%、呉世勲(オ・セフン)ソウル市長と洪準杓(ホン・ジュンピョ)大邱市長がそれぞれ4%だった。