【仁川聯合ニュース】違法薬物を使用した疑いが持たれている韓国の音楽グループ、BIGBANG(ビッグバン)のG−DRAGON(ジードラゴン)さん(35)が髪の毛を除き全身のほとんどを脱毛して警察の取り調べに臨んでいたことが10日、法曹界関係者らの話で分かった。警察は、G−DRAGONさんが証拠隠滅を図った可能性を疑っている。

 G−DRAGONさんは麻薬類管理に関する法律違反の容疑で先月立件され、今月6日に仁川ノンヒョン警察署に出頭して取り調べを受けた。警察の採尿に応じ、その日に結果が出る薬物使用の簡易鑑定では陰性だった。簡易鑑定は通常、5〜10日前に薬物を使用していた場合に陽性反応が出る。

 警察は取り調べの際、国立科学捜査研究院での精密鑑定のため毛髪と他の部分の体毛を採取しようとしたが、G−DRAGONさんは髪の毛を除く体毛のほとんどを脱毛していた。G−DRAGONさんは「元々普段から脱毛していた」と主張したとされる。警察は代わりに毛髪と爪を採取して7日に科学捜査研究院に送った。精密鑑定の結果を踏まえ、さらに捜査を行った上でG−DRAGONさんを再度取り調べる方針だ。

 これまでも、芸能人が薬物使用の証拠隠滅のため脱毛して取り調べに臨むケースはたびたびあった。覚せい剤の使用で2019年に有罪判決を受けたグループJYJ元メンバーで俳優のパク・ユチョンさんも、警察に初めて出頭した際に体毛のほとんどを脱毛していた。