◇2大労組 あす都心で大規模集会 

 労組全国組織、韓国労働組合総連盟(韓国労総)と全国民主労働組合総連盟(民主労総)は11日、ソウル市内で労働組合および労働関係調整法改正案の即時公布・施行を促す大規模集会を開催する。韓国労総の組合員10万人は地下鉄汝矣島駅と汝矣ナル駅周辺で、民主労総の組合員4万人は地下鉄西大門駅周辺でそれぞれ集会を開く。両労組は尹錫悦(ユン・ソクヨル)大統領に対し、9日に国会で野党主導で可決された同法改正案に拒否権を行使しないよう求める方針だ。

◇銀行の独占・寡占緩和対策 政府が年内発表へ 

 政府が年内に銀行の独占・寡占緩和対策を発表する計画であることが分かった。尹錫悦大統領が銀行の独占・寡占構造を強く批判したことを受けた措置とみられる。改善策には、銀行間の競争を促進して市中金利を下げ、低信用層や社会経験の浅い若者が高利の融資に頼ることがないよう金融インフラを拡充する内容が盛り込まれるという。一方、大統領室と政府は最大野党「共に民主党」が導入を主張する、過度な企業利益に課す「超過利潤税」に対しては否定的な立場を示した。

◇ソウル地下鉄労組のストきょう午後6時に終了 2回目計画も

 ソウル地下鉄を運営するソウル交通公社の労働組合は市内で集会を開き、公社側の人員削減案に反発して9日から行っていた時限ストライキを10日午後6時に終了し、正常運行に戻ると発表した。ただ、ソウル市と公社の立場に変化がなければ、今月16日に実施される大学修学能力試験(日本の大学入学共通テストに相当)以降に全面ストに突入する計画だ。

◇薬物使用疑いのG−DRAGONが毛髪除き全身脱毛 証拠隠滅狙いか

 違法薬物を使用した疑いが持たれている音楽グループ、BIGBANG(ビッグバン)のG−DRAGON(ジードラゴン)さん(35)が髪の毛を除き全身のほとんどを脱毛して警察の取り調べに臨んでいたことが、法曹界関係者らの話で分かった。警察は、G−DRAGONさんが証拠隠滅を図った可能性を疑っている。G−DRAGONさんは麻薬類管理に関する法律違反の容疑で先月立件され、今月6日に仁川ノンヒョン警察署に出頭して取り調べを受けた。

◇尹大統領の支持率36% 2ポイント上昇

 世論調査会社の韓国ギャラップは、全国の18歳以上の1001人を対象に7〜9日実施した調査で、尹錫悦(ユン・ソクヨル)大統領の支持率は36%で前回調査(10月31日〜11月2日)から2ポイント上昇したと発表した。不支持率は前回調査より3ポイント低い55%だった。政党支持率は保守系与党「国民の力」が前回調査から3ポイント上がり37%、革新系最大野党「共に民主党」も1ポイント上昇の34%だった。支持政党がない無党派は25%だった。