◇尹大統領 APEC出席のためきょう訪米

 尹錫悦(ユン・ソクヨル)大統領は15日、米サンフランシスコで開かれるアジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議に出席するため、ソウル空港(軍用空港、京畿道城南市)から大統領専用機で出発する。アジア太平洋地域の経済成長と繁栄について議論する地域最大の協力体であるAPECに尹大統領が出席するのは今回が初めて。尹大統領は気候危機の克服に向けた韓国の寄与や自由貿易体制保護の重要性、APEC加盟国間の連帯などを強調する予定だ。

◇韓国に迎撃ミサイルSM6売却 米国が承認

 米国防総省傘下の国防安全保障協力局(DSCA)は14日、国務省が韓国に対し艦対空迎撃ミサイルSM6の売却を承認したと伝えた。韓国は最大38基のSM6の購入を要請していた。米政府との直接契約で防衛装備品を調達する有償軍事援助(FMS)制度を通じ、6億5000万ドル(約980億円)相当のSM6と関連装備を取得する。米議会の承認を経て最終的に決まる。

◇大学入試あす実施 50万人が受験

 2024学年度の大学修学能力試験(修能、日本の大学入学共通テストに相当)が16日に実施される。今年は新型コロナウイルスの感染拡大後初めて、感染者も他の受験生と同じ教室で試験を受ける。教育部によると、今回は計50万4588人が受験する。同部は受験生に対し、試験会場や受験科目などを確認するため15日に行われる予備招集に必ず出席するよう呼びかけた。

◇10月の失業率2.1%に改善

 統計庁が15日に発表した雇用動向によると、10月の失業率は2.1%で前年同月に比べ0.3ポイント改善した。現行の統計開始以来最も低かった。失業者数は前年同月比6万6000人減の62万7000人だった。