【ソウル聯合ニュース】韓国で先月の中国ビールの輸入量が前年同月に比べ40%以上減少したのに対し、日本ビールの輸入量は300%以上増加し、ビール輸入量全体に占める割合が1位を記録した。

 韓国関税庁が16日までにまとめた貿易統計によると、先月の中国ビールの輸入量は2281トンで前年同月比42.6%減少した。輸入額は192万7000ドル(約2億9000万円)で37.7%減少した。

 中国ビールの輸入量と輸入額は7月から4カ月連続で減少している。先月、中国の大手ビールメーカー、青島ビールの工場で作業員が原料に放尿しているとみられる動画が拡散し、韓国でも波紋を広げ、コンビニエンスストアなどで売り上げが減少した。

 一方、先月の日本ビールの輸入量と輸入額は大幅に増加した。輸入量は302.7%増の7243トン、輸入額は377.4%増の613万9000ドルだった。徴用被害者への賠償を日本企業に命じた韓国大法院(最高裁)の判決に対する事実上の報復措置として日本政府が対韓輸出規制を強化した19年7月以降、韓国では日本ビールの不買運動が起きたが下火になっている。

 日本ビールの輸入急増に伴い、先月の韓国のビール輸入量は1万8753トンで9.4%増加した。輸入額は1734万8000ドルで23.6%増えた。輸入先別の輸入量は日本がトップ。次いで、中国、オランダ(2224トン)、チェコ(1549トン)、ドイツ(1367トン)、米国(923トン)などの順だった。

 先月の韓国のビール輸出量は18.3%増の7494トン、輸入額は47.7%増の573万5000ドルだった。輸出額から輸入額を差し引いた貿易収支は1161万3000ドルの赤字となった。

 一方、焼酎の貿易収支は黒字だった。先月の焼酎の輸出量は6185トンで6.3%増加した。輸入量は25トンだった。輸出額は29.4%増の945万4000ドル、輸入額は16万5000ドルで、928万9000ドルの黒字だった。

 輸出量全体に占める日本向け(3160トン)の割合が51.1%、米国向け(1020トン)の割合が16.5%だった。