【サンフランシスコ聯合ニュース】韓国の尹錫悦(ユン・ソクヨル)大統領は米サンフランシスコで開催中のアジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議が本格的に始まる16日(現地時間)、各国首脳らとの記念撮影を皮切りに昼食会、APECビジネス諮問委員会(ABAC)委員との対話、首脳間対話、夕食会などに参加する。

 尹大統領はまた、米国主導の新経済圏構想「インド太平洋経済枠組み(IPEF)」の首脳会合に出席し、世界の紛争や新型コロナウイルス感染拡大後に浮上したサプライチェーン(供給網)を多様化する問題についても話し合う方針だ。

 今回のAPEC首脳会議に合わせ、韓中首脳会談が開催されるかも注目されている。韓中首脳会談が実現すれば、昨年11月にインドネシアで実施して以来、約1年ぶり。

 このほかにも尹大統領は各国の首脳らと個別に会談し、2030年国際博覧会(万博)の韓国・釜山への誘致に対する支持を要請する方針だ。