【パリ聯合ニュース】フランス・パリを訪問した韓国の尹錫悦(ユン・ソクヨル)大統領は23日(日本時間24日)、最初の日程として博覧会国際事務局(BIE)の各国代表らを招いての夕食会を開いた。韓国は2030年の国際博覧会(万博)の釜山誘致を目指している。30年万博の開催地はパリで28日に開催されるBIE総会で決まる。

 尹大統領は25日までパリに滞在し、万博の釜山誘致に向けてBIEの各国代表と面会し、支持を訴える予定だ。

 夕食会にはパリに駐在する各国の外交官やBIEの代表団が参加した。尹大統領は「K―POPやK―FOOD、韓国映画など韓国文化に対する世界の人たちの関心や理解が高まっている」として、「韓国と釜山が持つ文化的な魅力で釜山万博を各国の文化・技術・考え方をより広く拡散し、シナジー効果を生み出す場にしたい」と述べ、支持を呼びかけた。

 28日のBIE総会で、30年万博の開催地は182の加盟国代表の投票により決定する。開催地には釜山のほか、サウジアラビアのリヤド、イタリアのローマが名乗りを上げている。